HOMEUECSとは問い合わせ
HOME > メーカ向け情報 > メーカのメリット
_

メーカのメリット
開発ツール


開発効率の向上

通信を規格化し、通信などのソフトライブラリを提供するので、自動化に対応した機器の開発効率が向上する。また、制御系の通信文が標準化されることで、今までは採算が見込めなかった上位コンピュータシステム開発の可能性が出てくる。

自社の機器性能を十分発揮させられる

従来の温室コンピュータは、特定の機器しか想定していなかった。従って、機器が持っている能力を十分に発揮していない場合も見受けられた。例えば、暖房機には不着火信号や燃料切れの信号出力を備えているものも有るが、温室コンピュータのほとんどはその信号を受け取ることができなかった。
新システムでは、機器をどのように動かすかは機器メーカが決められるので、機器の能力を十分に引き出すことが可能となる。

異常が発生したら、自動通知させることも可能

異常検出機能と、電子メール発信機能を付けておけば、異常発生時に異常内容を電子メールで集め、次機種開発の参考にしたり、ユーザや施工者に的確なアドバイスを出すことが可能になる。


Copyright (C) 2005 UECS Project